石巻工房

ISHINOMAKI LABPRATORY DIYとデザインの力で、人と街を興す。世界初のDIYメーカー、石巻から。

ABOUT ISHINOMAKI LABORATORY

石巻工房は、宮城県石巻市沿岸部の商店街で2011年に生まれた「地域のものづくりの場」です。

東日本大震災による津波によって大きな被害を受けたエリアにおいて、当初は東京のデザイナーを中心とした有志が補修道具や木材を工房となる場に集めて提供し、復旧・復興のために自由に使える公共的な施設としてスタートさせました。

被災者自らが手を動かす「DIY(Do It Yourself)」の支援活動を行うほか、メンバーは地元の店舗を復旧。「復興バー」は現在でも地元の人気店として賑わい、シェアスペース「IRORI」はこれからの街の姿を皆で考えて発信する場となっています。

石巻工房はアイデアやスキルを習得できるデザインワークショップを開催するなど、コミュニティの場としても運営。地元の高校生や子供たちへの技術指導を継続的に行うなど、将来を担う人材育成にも協力しています。

震災の年の夏祭りでは、屋外での映画上映会のためにデザインしたベンチを高校生と協働し、約40脚製作しました。同年の秋には、世界的な家具メーカーのハーマン・ミラーが被災地支援プログラムを通じて石巻工房に協力。地域の被災者とともに家具づくりのワークショップを開催し、製作した家具を無償で提供しました。

その後、メンバーは「手づくり」にデザインの付加価値を与え、地域内外で販売するための「石巻工房ブランド」を立ち上げました。

実力ある若手デザイナーらが石巻工房にデザインを提供し、屋外でも人が集い楽しめる家具のラインナップを増やしています。

現在では雇用情勢が厳しい被災地において、元寿司職人である千葉隆博工房長をはじめ常時5名のスタッフが働いています。

また、デザイナー指導のもと現地でのワークショップを通じてトートバッグなどの手芸製品も加わりました。手芸製品を手掛けるのは、今なお仮設住宅で暮らす宮城県南三陸町の女性たちです。

こうした取り組みは広く注目され、石巻工房は国内最大のデザイン賞である「グッドデザイン賞」を2012年度に受賞しました。

国内外のメディアでは「新しいビジネスモデル」として取り上げられることもあります。

石巻工房は、自らのアイデアとストーリーとともに、DIYの世界と可能性をデザインの力で押し広げる世界初の「DIYメーカー」としての一歩を踏み出しました。

石巻工房は地元の人々の自立運営する小さな産業として、地域を活性化する起爆剤になることを目指しています。

未曽有の災害を背景に生まれた石巻工房。

私たちはこれまでの活動を通じ、DIYスキルとデザインがどのような状況にあっても役立つことを実感し、クリエイティブな製品企画には人々の意識を変える力があることを確信しています。

そして、世界中の人々が自らの手に創造性を取り戻し、暮らしや街がより豊かなものになる姿を夢見ています。