石巻工房

Ishinomaki Laboratory

News

メイド・イン・ローカル

News

2019.04.18

石巻で見出した「ものづくりの本質」を
世界のメーカーとの協働で広める

地域に応じた石巻工房のものづくり

「メイド・イン・ローカル」のプロジェクトは、石巻工房のデザインと思想を、国や地域ごとの状況に合わせて届けたいという想いから始まっています。このプロジェクトは地産地消の考え方をもとに発想されましたが、次第に地元のメーカーや市場の人々と関わり、コラボレーション先にある特有の場所や身近に入手できる材料を活用することで、製品を生み出すようになりました。
現在、「メイド・イン・ローカル」はロンドン、マニラ、ベルリンの各地で展開しています。日本国内では家具メーカーと「メイド・イン・ローカル」に合致する活動をしています。
石巻工房のデザインと思想によって多くのコミュニティが活性化されることを確信した私たちは、このプロジェクトをさらに発展させたいと考えています。

フィリピン・マニラで

国際交流基金から紹介された、フィリピンで活躍する写真家Jar Concengco氏と妻のKay氏は、石巻工房のストーリーとデザインに強い関心を寄せていました。2人は現地で石巻工房の比較的小さな製品を輸入販売することを目的に家具会社「Lamana」を立ち上げましたが、石巻工房に現地で製品をつくる構想があることを知ると、挑戦したいと願うようになりました。彼らは小さな工房をつくり、石巻工房で使っているような道具と機材を揃え、チークやラーチなどの材料で、石巻工房のデザインによる家具を2018年より製作しています。

「石巻工房の製品をフィリピンに輸入したいということから、話は始まりました。初めて石巻工房の製品を見たときに、ミニマルな佇まいに強く惹きつけられたのです。そして実際に触れて使ってみると、とてもよくデザインされていることがわかりました。石巻工房は世界中の有名なデザイナーと協働しています。フィリピンでは、日本の簡素化されたシンプルな空間が人気を集めています。『メイド・イン・ローカル』を通して、フィリピン国内でつくる石巻工房の製品を手頃な値段で提供いたします。」
Lamana

イギリス・ロンドンで

2014年にパリで行われた国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」で、石巻工房の創設者・芦沢啓治と、ロンドンを拠点とし家具の製作販売を行うSCPの創設者・Sheridan Coakley氏が出会ったことから、石巻工房の国際的な知名度を高めたパートナーシップが生まれました。当初SCPは、石巻工房の家具をイギリスに輸入し販売していましたが、製品の需要が高まるにつれて「メイド・イン・ローカル」を検討するようになりました。2017年からSCPはノーフォーク市にある工場で、石巻工房で用いているウェスタンレッドシダーを使い、製品を現地で製作しています。
SCP

ドイツ・ベルリンで

建築家やエンジニア、大工などで構成されるHLZFR. GmbHは、2018年にトラフ建築設計事務所に連絡し、ヨーロッパの市場に向けてベルリンで「AA STOOL」を製造し販売することを提案しました。トラフから石巻工房へとつながったHLZFR.は、「メイド・イン・ローカル」プロジェクトを通して他の製品も生産することを検討しています。
現地のニーズに合わせて、彼らは地元のスプルース材とダグラスファー材を使用しています。HLZFR.と協働することで、彼らがもつベルリンのコミュニティの方々に技能を伝え、社会貢献できる可能性にも期待しています。製品は現在、試作段階にありますが、年内に正式販売することを目指しています。
HLZFR. GmbH

「石巻工房 by Karimoku」

「メイド・イン・ローカル」からインスパイアされ、立ち上げられた新しいブランドが「石巻工房 by Karimoku」です。石巻工房とカリモクという2つのブランドそれぞれの成り立ちとユニークな個性を尊重しつつ、互いのさらなるイノベーションを促進することを目指しています。日本最大の木製家具メーカーであるカリモクは、高度な製造技術を持ち、多種多様な樹種の国産材を責任ある立場で調達しています。それによって、石巻工房は従来のデザインイメージを再考することができるようになりました。プロトタイプの製作を経て、現在は正式ローンチに向けて準備中です。

News

MADE IN LOCAL

News

2019.04.18

Collaborating with international makers to share the essence of our craft,
born out of our own local experience in Ishinomaki, Japan

The Made in Local initiative started as a simple desire to somehow bring Ishinomaki Lab’s designs and story to a local context, and has since grown to encompass a more thorough relationship with people (local makers and market), place (locally-available materials), and product.
Made in Local projects are currently located in London, Manila, and Berlin. Additionally, inspired by Made in Local, Ishinomaki Lab is also working on domestic collaborations in Japan.
Ishinomaki Lab aims to further develop Made in Local projects with the hope that more communities can be invigorated by good design.

manila

Introduced by a partner at the Japan Foundation, Manila, photographer Jar Concengco and his wife Kay Concengco were touched by Ishinomaki Laboratory’s story and the designs that embodied it. The couple launched Lamana initially intending on only importing the products for retail but were inspired to take on the challenge of Made in Local themselves. Opening a small workshop and utilizing much of the same machinery and tools used in Ishinomaki, Lamana is now producing Ishinomaki Laboratory designs with different types of wood species such as Southeast Asian teak and European larch.

“Our appreciation for Ishinomaki Lab products led us to initiate talks of bringing them to the Philippines. The sheer minimalism of the pieces drew us in from the first day. Once we got to feel them, see them in person and try them, we knew right away they were well-designed.
The brand works with distinguished designers from all over the world. The simplified and the uncluttered spaces that the Japanese are known for are becoming popular here in the Philippines. Through Made in Local, we are offering the market a Japanese designer brand at a good price point as they are already made right here in our country.”

Lamana

london

From Ishinomaki Laboratory founder Keiji Ashizawa and SCP founder Sheridan Coakley’s chance 2014 meeting at Maison et Objet, a partnership that helped boost Ishinomaki Laboratory’s international profile was born. A manufacturer and retailer of modern furniture, SCP sold Ishinomaki Laboratory products to customers in the United Kingdom, and as demand for the products rose, so did serious considerations for local production. Since 2017, SCP has made its iterations of Ishinomaki Laboratory products at its factory in Norfolk, choosing to produce them with the same Western red cedar used in Ishinomaki.
SCP

berlin

HLZFR. GmbH are architects, engineers, and professionally-trained carpenters and joiners. Discussions began in early 2018 when HLZFR. contacted TORAFU ARCHITECTS to discuss potential production of the AA STOOL frame in Berlin for the European market. In addition to the AA STOOL, HLZFR. is also exploring the development of other Ishinomaki Laboratory products.
To suit local needs, HLZFR. uses local varieties of spruce and Douglas fir. The collaboration is uniquely positioned to have a positive social impact in potentially training local community members. While currently still at a prototype stage, plans to open for official sale are in the near future.
HLZFR. GmbH

“Ishinomaki Laboratory by Karimoku”

Inspired by the Made in Local initiative, this new brand between Karimoku and Ishinomaki Laboratory seeks to pay tribute to each other’s origins and unique character while sparking further mutual innovation. As Japan’s largest maker of wooden furniture, Karimoku lends advanced manufacturing techniques and an ability to responsibility source a wide variety of domestic wood species for a reimagining of classic designs from Ishinomaki Laboratory. Stay tuned for an official launch in the near future.