石巻工房

Ishinomaki Laboratory

STACKING COFFEE TABLE

幅=760mm
奥行き=450mm
高さ=420mm

屋内外で使用可能なスタッキングできるローテーブルです。室内ではソファの前のコーヒーテーブルやプランター台として植物達のステージとしても活躍します。2台以上でスタッキングして高さを調整したり、そのまま棚のように使ったり、ユーザーがそれぞれの使い方を発見していく「台」のようなテーブルです。

デザイン:藤森泰司 Taiji Fujimori

1991年東京造形大学デザイン学科卒業後、家具デザイナー大橋晃朗に師事。92年より長谷川逸子・建築計画工房に勤務。99年に藤森泰司アトリエ設立。家具デザインを中心に据え、建築家とのコラボレーション、インテリア・プロダクトデザインの分野で活動中。近年は、家具的な思考を掘り下げていくことによって、さまざまなデザイン分野へ活動領域を広げている。

www.taiji-fujimori.com

STACKING COFFEE TABLE

Width = 760mm
Depth = 450mm
Height = 420mm

STACKING COFFEE TABLE is designed with flexibility in mind. The large table top surface and carry handles incorporated into the legs, allow for a wide range of uses.Its versatility allows for use as a coffee table, an outdoor planter shelf and when stacked, a vertical shelving unit - in this way its use is left to one's interpretation.

Design : Taiji Fujimori

Taiji Fujimori was born in 1967 in Saitama, Japan. After graduating from Tokyo Zokei University (Department of Design) in 1991, he studied under furniture designer Teruaki Ohashi. He joined the Itsuko Hasegawa Atelier (Architectural Planning Studio) in 1992, and then established TAIJI FUJIMORI ATELIER in 1999. He specializes in furniture design and is actively engaged in interior/product design projects and works in collaboration with various architects.