石巻工房

PRODUCTS

石巻工房の木工製品では、主に2×4規格のレッドシダーが使用されています。これは、被災直後のものづくりの現場では必然的に耐久性と強度があり、汎用性と加工性の高い材料が求められたことに由来しています。また、簡単な加工と平易な技術で組み立てるという制約は、デザイナーにとってアイデアを高めるための枠組みともなっています。そして石巻工房の製品の多くは、地元の人たちとのワークショップを通して需要や技法などを検証し、生まれたものです。

石巻工房ブランドとして製品を展開する際、私たちは「スモール・アウトドア」というコンセプトを掲げました。外部にも内部にも置くことのできるコンパクトで軽やかな石巻工房の家具は、都市生活者の環境にうってつけです。利用者にはこれらの家具を活用して身近にアウトドアを楽しみ、日々の生活に彩りを感じていただきたいと考えています。被災直後には集った人が屋外で思い思いにベンチに座り、街の未来を語り合った経験も、製品開発の背景に深く関わっています。

シンプルで簡単、頑丈、機能的なことに加えて、素朴でどこか愛らしいデザイン。石巻工房の製品は、大量生産品や伝統工芸品の中にあっては異質で荒削りなものに見えるかもしれません。しかし、いつでも人に寄り添うようにと考えられたアプローチとプロセスは、愛着を持って長く使われるために欠かせない石巻工房製品の真髄です。

PROTOTYPE